サービス案内

まんてんが提供する各種サービス

 「まんてん」では、ご利用者の状態に合わせた様々なサービスを提供いたします。介護が重度化しても、まんてんの他のサービスをご利用いただけば、なじみの職員が継続してお世話いたします。さらに、周辺の施設や医療機関との連携により、適切なサービスを継続的に受けることができるよう支援いたします。

・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症対応型共同生活介護は、認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、認知症の利用者が、グループホームに入所し、家庭的な環境と地域住民との交流の下で、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスを受けます。
グループホームでは、1つの共同生活住居に5~9人の少人数の利用者が、介護スタッフとともに共同生活を送ります。

注意

・介護予防認知症対応型共同生活介護は、要支援1の人は利用できません。
・このサービスは地域密着型サービスです。そのため、原則としてお住まいの市区町村以外の施設・事業所のサービスは利用できません。
※日常生活費(食材料費・理美容代・おむつ代など)などは、別途負担する必要があります。

このサービスを受けることのできる施設

まんてん塩津 グループホーム まんてん小谷 グループホーム

・地域密着型介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、入所定員30人未満の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)が、常に介護が必要な方の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、療養上の世話などを提供します。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、明るく家庭的な雰囲気があり、地域や家族との結びつきを重視した運営を行うこととされています。

注意

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は、要支援1・2の人は利用できません。
また、新たに入所する要介護1・2の人もやむを得ない理由がある場合以外は利用できません。
このサービスは地域密着型サービスです。そのため、原則としてお住まいの市区町村以外の施設・事業所のサービスは利用できません。

このサービスを受けることのできる施設

まんてん塩津 特別養護老人ホーム

・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、入所者が可能な限り在宅復帰できることを念頭に、常に介護が必要な方の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、療養上の世話などを提供します。
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、入所者の意思や人格を尊重し、常に入所者の立場に立ってサービスを提供することとされています。

注意

介護老人福祉施設は、要支援1・2の人は利用できません。
また、新たに入所する要介護1・2の人もやむを得ない理由がある場合以外は利用できません。
※介護老人福祉施設を利用する時には、施設サービス費の他、居住費・食費・日常生活費などがかかります。

このサービスを受けることのできる施設

らんまん鶴見 特別養護老人ホーム

・小規模多機能型居宅介護(まごころホーム)

小規模多機能型居宅介護は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。

注意

このサービスは地域密着型サービスです。
そのため、原則としてお住まいの市区町村以外の施設・事業所のサービスは利用できません。
※日常生活費(食費・宿泊費・おむつ代など)などは、別途負担する必要があります。

このサービスを受けることのできる施設

まんてん小谷 まごころホーム

・認知症対応型通所介護(ほんわかサロン)

認知症対応型通所介護は認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスで、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、認知症の利用者が通所介護の施設(デイサービスセンターやグループホームなど)に通い、施設では、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供することにより、自宅にこもりきりの利用者の社会的孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。
施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。

注意

このサービスは地域密着型サービスです。そのため、原則としてお住まいの市区町村以外の施設・事業所のサービスは利用できません。
※日常生活費(食費・おむつ代など)などは、別途負担する必要があります。

このサービスを受けることのできる施設

まんてん小谷 ほんわかサロン

・通所介護(デイサービス)

通所介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。
利用者が通所介護の施設(デイサービスセンターなど)に通い、施設では、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。生活機能向上グループ活動などの高齢者同士の交流もあり、施設は利用者の自宅から施設までの送迎も行います。

注意

このサービスは、介護予防サービスを含みます。介護予防サービスとは要支援1・2の認定を受けた方に対するサービスです。利用者が要介護状態になることを防ぎ、可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の心身機能の維持回復を図り、利用者の生活機能維持又は向上を目指して実施されます。

このサービスを受けることのできる施設

らんまん蒲生の家

・共用型認知症対応型通所介護(ほんわかリビング)

共用型認知症対応型通所介護とは、グループホームの共有部分を使用して行われるデイサービスです。単独で行うサービスではないので、1日の利用定員も少ないです。日中はグループホームの利用者と一緒に過ごして頂きます。

注意

このサービスは地域密着型サービスです。そのため、原則としてお住まいの市区町村以外の施設・事業所のサービスは利用できません。
※日常生活費(食費・おむつ代など)などは、別途負担する必要があります。

このサービスを受けることのできる施設

まんてん塩津 ほんわかリビング まんてん小谷 ほんわかリビング

・短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などが、常に介護が必要な方の短期間の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。

注意

利用日数に気を付けましょう。短期入所生活介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。

このサービスを受けることのできる施設

まんてん鶴見 ショートステイ

・居宅介護支援事業所(まごころケア)

居宅介護支援は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。
居宅介護支援は、特定のサービスや事業者に偏ることがないよう、公正中立に行うこととされています。

注意

ケアプランの作成にあたって、利用者負担はありません。

このサービスを受けることのできる施設

まんてん小谷 まごころケア
お問い合せ・ご相談はこちら

各種サービスやその他介護サービスについて詳しくはこちら

・厚生労働省「公表されている介護サービスについて」 http://www.kaigokensaku.jp/publish/